診療科のご案内

放射線科

医師紹介

氏名 職位 専門分野 出身大学 認定資格

諸見里 秀和

中頭病院副院長 放射線科診断学
IVR
京都大学

日本医学放射線学会放射線診断専門医
IVR専門医
マンモグラフィ読影認定医師(B)

河島 光彦

放射線科部長 放射線腫瘍学 筑波大学

放射線治療専門医(日本放射線腫瘍学会)
日本頭頸部癌学会評議員

西蔵盛由紀子

放射線科医長 放射線科診断学 琉球大学

日本医学放射線学会放射線診断専門医
核医学専門医
マンモグラフィ読影認定医師(B)
日本医学放射線学会研修指導者

神谷 尚

放射線科診断学 琉球大学

日本医学放射線学会放射線診断専門医

石川 和樹

放射線科診断学 琉球大学

外来医師担当表

診療科紹介

中頭病院放射線科では主にCT、MR検査を中心とした画像診断とIVR(Interventional Radiology)を行っています。

現在、CT装置は東芝社製64列MD-CT1台、MR装置は中頭病院に東芝社製1.5テスラ、ちばなクリニックにフィリップス社製1.5テスラ装置が導入されています。CT検査では冠動脈CT、頭部や腹部のCTアンギオ検査の依頼件数が着実に増加しており、今後もさらに増加するものと期待される分野です。またCTでも任意断面での画像作成が可能となっており、これまで以上により詳細な画像評価が求められる時代となっています。一方、MR検査では装置の性能特性を踏まえ、病院の装置では主に頭部を、クリニックの装置では体幹部・四肢の検査を中心に行っています。特にクリニック側の装置はツイングラディエントを有する高性能機種であり、人間ドック等での冠動脈MR検査だけでなく、手指などの小さな部位の撮像などにも活躍しています。

IVR(インターベンショナルラジオロジー)は血管内と血管外に分けられ、血管内としては肝細胞癌に対するTAE(経皮的動脈塞栓術)、消化管出血やその他の部位からの動脈性出血に対する動脈塞栓術、胃静脈瘤に対する塞栓術(B-RTO)などを行っています。アンギオ装置はフィリップス社製(フラットパネル、バイプレーン)と東芝製(I.I、シングルプレーン)の二台が導入されています。血管外ではCTガイド下生検やドレナージ術、CTガイド下でのラジオ波治療(RFA)などを行っており、特に転移性肺腫瘍や腎腫瘍に対するラジオ波治療を行っています。

一方、ちばなクリニックでは沖縄がん診断センターにPET-CT装置とRI検査用のSPECT装置が導入されており、敬愛会における核医学検査を担っています。特にPET-CT装置はがんの診療には有用な検査であり、がん発見時の病期診断、転移性病変の検索等に活用されています。

放射線科としては地域の登録医の先生方からのこれらの先進機器による検査依頼に対応しています。また、将来的には放射線治療装置の導入も計画しており、画像診断から治療まで、トータルな放射線診療を提供できる体制構築を目標としています。

現在、中頭病院放射線科は日本医学放射線学会専門医修練施設(診断部門)となっており、放射線科医を目指す若手医師の研修受け入れを行っています。敬愛会としての放射線科医は4名で、放射線科専門医3名、核医学専門医3名、IVR専門医1名、マンモグラフィー読影認定医3名です(重複あり)。

診療科コラム