診療科のご案内

整形外科

医師紹介

氏名 職位 専門分野 出身大学 認定資格

赤嶺 良幸

整形外科部長 手外科
整形外科一般
琉球大学

日本整形外科学会整形外科専門医

村上 弘

整形外科医長 関節外科
整形外科一般
宮崎医科大学(現 宮崎大学)

日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

親川 知

関節リウマチ
関節外科
整形外科一般
琉球大学

日本整形外科学会 整形外科専門医

蛯子 隼

整形外科一般 北海道大学

宮平 誉丸

外傷・脊椎
整形外科一般
琉球大学

與那嶺隆則

整形外科一般 琉球大学

深瀬 昌悟

整形外科一般 岩手医科大学

外来医師担当表

診療科紹介

整形外科は運動器の障害や、機能不全を扱う診療科で、運動器とは身体活動を担う四肢及び脊椎の骨格・関節・筋・神経系などの総称です。
内科領域では、メタボ(メタボリックシンドローム)が市民権を得た用語になっており、一方、整形外科領域では”ロコモティブ・シンドローム(ロコモ)”という概念が提唱されてきました。これは、運動器の障害によって要介護となる危険性の高い状態を表しています。邦訳では”運動器症候群”と表されます。
ロコモティブ(Locomotive)は「運動の」または「機関車」の意味もあり、能動的な意味合いを持つ言葉とされ、加齢への否定的な意味合いを持ち込まないため選ばれました。

当院でも一般の四肢・脊椎外傷はもとより、”ロコモ”の予防・改善のため下記の疾患に対しても盛んに治療を行なっております。

  • 関節変性疾患(変形性膝関節症、変形性股関節症に対する人工関節置換術など)
  • 脊椎変性疾患(腰部脊柱管狭窄症、頚髄症等に対する椎弓形成術など)
また、近年、骨粗鬆症に対する治療が重要視されており、骨折を予防することで、要介護状態にならない健康寿命を長く維持するための治療を当科でも推進していく方針です。
手外科領域においては、末梢神経障害や腱鞘炎などの慢性疾患や上肢の急性期外傷などの診療を行い、それぞれ専門性を活かした診療を行なっております。

手術療法を要する患者さんや、精査を要する患者さんに関してましては、中頭病院の紹介外来へご紹介下さい。術後のフォローやリハビリ加療については、同法人 ちばなクリニッックで診療致します。

研修施設認定一覧はこちらからご確認下さい