診療科のご案内

病理診断科

医師紹介

氏名 職位 専門分野 出身大学 認定資格

松本 裕文

病理科部長 病理診断 杏林大学

日本病理学会病理専門医研修指導医
日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
医学博士

仲田 典広

病理科医長 病理診断 北里大学

日本病理学会病理専門医

no image

石井 朗子

病理診断 旭川医科大学

外来医師担当表

診療科紹介

病理診断科は、患者さんの体の一部から採取された組織や細胞を、顕微鏡を用いて検査する部門で、組織診断・細胞診断・術中迅速診断を行い、診断の確定や治療方針の決定をサポートしています。また、病気により亡くなった患者さんを病理解剖させて頂く事で、最終的な病気の拡がり、診断及び治療の評価、死因の究明を行なっています。

当院の組織検体数は、沖縄県内で最も多く、年間7,000件〜11,000件程度です

✓ 細胞診検体 約11,000件〜12,000件 ✓ 術中迅速診断 約200件〜250件 ✓ 剖検 約10件〜20件

これら豊富な症例数の標本作成・診断報告などを常勤医1名(日本病理学会認定専門医)と非常勤医師、9名の臨床検査技師(日本臨床細胞学会認定細胞検査士7名)で行なっています。

また、当科では琉球大学医学部の病理学講座と連携し、診断のダブルチェックやバーチャルスライドシステムを用いた遠隔病理診断、臨床科を交えたカンファレンスを行い、正確な診断の提供と、より良い医療のサポートに努めています。

研修施設認定一覧はこちらからご確認下さい