当院について

印刷する

日本医療機能評価機構認定病院

中頭病院は日本医療機能評価機構認定病院となりました。

日本医療機能評価機構/病院機能評価とは

わが国の医療制度で国民皆保険制度こそ世界に誇れる制度です。
一方、医療提供システムはどうかと言えば、まだまだ十分とは言えません。戦後特に高度経済成長期においては量 的な整備に重点が注がれてきました。地域偏在等の問題を一部残しているとは言え、各県の必要医療機関の数と量 はおしなべて充実していると言える現状です。  ところが近年高齢化がすすみ、疾病構造が変化してきました。医療技術の進歩も相まって、医療に求められるものはより高度化、多様化してきました。この様な状況下で医療システムは量 的なものから質的なものが要求される時代に入ったのです。と同時にその医療の質の良し悪しを誰が、どう評価するのかという議論もでてまいりました。

1995年に「患者さんのニーズを踏まえつつ、質の高い医療を効率的に提供していくためには、組織体としての医療機関の機能の一層の充実と向上が図られる必要がある」という第三者的な客観性と学術的な視点で、医療機能を評価する機関『財団法人:日本医療機能評価機構』が設立されました。

その機構が病院を対象に第三者評価をおこない、病院の現状の問題点を明らかにします。その結果機能改善が認められた病院に対して認定証が発行されます。

評価される項目は大項目で、下記に示す6項目となり
全ての細項目の認定基準を達成していることが合格条件です。

  1. 病院組織の運営と地域における役割
  2. 患者の権利と安全の確保
  3. 療養環境と患者サービス
  4. 診療の質の確保
  5. 看護の適切な提供
  6. 病院運営管理の合理性

中頭病院では5年前に最初の合格評価を受けており、今回2回目の合格認定を昨年の12月にいただきました。今後なお一層の努力を重ねて、より安全で質の高い医療を受療者の方々に還元していきたいと思います。

中頭病院 病院長 宮里 善次