当院について

印刷する

臨床工学部の紹介

1.臨床工学部紹介

臨床工学技士とは

臨床工学技士(CE:Clinical Engnieer ME:Medical Engineer)

  • 医師の指示の下に、生命維持管理装置を中心とした医療機器の操作及び保守点検を業とする専門医療職種です。
  • 医師をはじめ、看護師などと共に医療機器を用いたチーム医療の一員として治療をサポートします。
  • 医療機器がいつでも安心して使用できるように保守点検を行っています

中頭病院 臨床工学部

  • 役職は、部長(副病院長、血管外科部長)、技士長、主任2名です。
  • 臨床工学技士は24名で、院内全ての医療機器が安全に確実に 治療に用いられるように努力しています。
  • 24時間365日、いつでも医療機器が安全に使用出来るように、 臨床工学技士が当直業務を行っています。
  • 臨床工学技士全員が全ての業務を行えるように教育を行い、 ローテーションで業務を行っています。
  • 新人の臨床工学技士には計画的な研修を行っています。

スタッフ紹介

2016/8/4 現在

部長 與那覇 俊美

部長 與那覇 俊美

技士長 宮城 一夫

技士長 宮城 一夫

主任 石川 二三朗

主任 石川 二三朗

主任 又吉 徹

主任 又吉 徹

稲嶺 毅

稲嶺 毅

天願 龍彦

天願 龍彦

奥野 耕司

奥野 耕司

永山 実和

永山 実和

伊佐 英倫

伊佐 英倫

東 一昭

東 一昭

津嘉山 寛靖

津嘉山 寛靖

宮城 希

宮城 希

天久 貴人

天久 貴人

西村 拓也

西村 拓也

藏當 結偉

藏當 結偉

翁長 孝児

翁長 孝児

山城 恵作

山城 恵作

伊芸 智

伊芸 智

楚南 海里

楚南 海里

比嘉 慎

比嘉 慎

塩浜 康平

塩浜 康平

玉城 雅也

玉城 雅也

松島 理将

松島 理将

伊波 一希

伊波 一希

粟盛 純一

粟盛 純一

2.業務内容

呼吸器管理業務

呼吸器担当者は人工呼吸器が安全に使用出来るように保守点検を行っています。 挿管時から離脱までの患者さんの状態を観察し、医師と協力して患者さんに 合わせた呼吸管理を行います。
また、RST(呼吸器サポートチーム)の一員として、他のコメディカルと 協力して、患者さんの早期離床を促す努力をしています。

装置の設定確認中

装置の設定確認中

人工呼吸器IPVの装着

人工呼吸器IPVの装着

血液浄化業務

腎臓や肝臓の機能を人工的に代替するのが血液浄化業務です。
血液浄化業務には、血液透析、血漿交換、血液吸着などの業務があります。
血液透析業務(中頭病院25床、ちばなクリニック65床)では、透析液の作成、 穿刺から透析装置の操作、透析装置のメンテナンスまで行います。

シャントへの穿刺

シャントへの穿刺

機器メンテナンス

機器メンテナンス

透析液の作成

透析液の作成

透析回路の準備

透析回路の準備

手術室業務

手術室では多くの医療機器を用いて、手術が行われています。
全身麻酔器、血行動態モニター、各種電気メス、内視鏡システムなどです。
これら医療機器を安全に使用出来るように保守点検を行っています。
医療機器の操作も行い、治療にも積極的に参加しています。
また、血管外科手術では血液透析患者さんに対する血管形成術(PTA)で 術野での機械出し業務も行っています。

麻酔器の点検

麻酔器の点検

機械出し作業

機械出し作業

内視鏡機器の点検

内視鏡機器の点検

自己血回収回路の組立

自己血回収回路の組立

人工心肺業務

心臓手術では、一時的に心臓を止めて手術を行います。その時、心臓と肺の機能を代行 するのが、人工心肺業務です。患者さんの血圧、体温などを管理して生命維持を行います。
輸血量削減のための低充填量化、送血には血液に優しい遠心ポンプ、脱血には確実な脱血が 行える陰圧吸引補助脱血、各種安全装置の使用など安全な人工心肺を行っています。
また、患者さんの状態に合わせた統合型心筋保護法を用いて、確実な心筋保護も行っています。

人工心肺の操作①

人工心肺の操作①

人工心肺の操作②

人工心肺の操作②

採血(ガス、電解質測定)

採血(ガス、電解質測定)

手術の進行具合や生体情報をモニタリング

手術の進行具合や生体情報をモニタリング

心臓カテーテル業務

カテーテルを用いて、心臓の冠動脈や弁の診断や治療を行うのが心臓カテーテル業務です。
臨床工学技士は心内圧解析(ポリグラフ操作)、血管内画像検査装置(IVUS・OCT・OFDI)、 体外式ペースメーカー、補助循環装置(IABP,PCPS)などの操作を行います。
また、ワイヤー・デバイスの準備やイメージング機器の清潔操作も行います。

ポリグラフ操作

ポリグラフ操作

ポリグラフ操作

ポリグラフ操作

PCPSの操作

PCPSの操作

血管内超音波装置の操作

血管内超音波装置の操作

不整脈治療業務

徐脈や頻脈などの不整脈に対して、ペースメーカーやICD(植込み型除細動器)の植込み手術時の設定や、その後の外来での定期チェックを行うのが不整脈治療業務です。
刺激閾値測定や波高値測定、モード・設定、不整脈履歴などを確認し、医師と協力して患者さん生活環境に合った最適な設定を行います。

ペースメーカーチェック中

ペースメーカーチェック中

ペースメーカーチェック中

ペースメーカーチェック中

Medtronic社製 ペースメーカー

Medtronic社製 ペースメーカー

医療機器管理業務

医療機器を安全使用出来るように常に保守と点検を行い、また医療機器が 適切に使用出来るように教育を行っているのが医療機器管理業務です。
臨床工学部のデータベースには約4000台の機器情報が登録されており、用度課と協力し購入日や修理歴なども管理しています。
また、医療機器安全管理責任者も臨床工学技士が勤めています。

機材庫 風景

機材庫 風景

機材庫 風景

機材庫 風景

シリンジポンプ修理作業中

シリンジポンプ修理作業中

3.就業について

  • 臨床工学部では当直業務を行い、365日24時間スタッフが在院しています。
  • 緊急手術などには業務に精通したスタッフがさらに駆けつけ、チームで診療に当たります。
  • 業務ローテーション制度を取り入れ、スタッフ全員が各業務を一度は経験できるようにしています。
  • 女性だけではなく男性の育児休暇も推進しており、各スタッフの人生向上を応援しています。
  • 年休の消化を目標に掲げて取り組んでいます。
  • 学術集会への参加や認定士取得も積極的に推進しています。

4.勉強会・講習会開催

医師・看護師・コメディカルの方々より要望があるので、随時勉強会を開催しています。年間約20~40件開催しています。

また、臨床工学部内でも定期的に勉強会を開催しており、技術研鑽しています。

勉強会・講習会開催
勉強会・講習会開催

勉強会・講習会開催