当院について

印刷する

医療安全管理指針

当院における医療安全管理指針

1. 医療安全管理に関する基本的な考え方

 医療の現場では、医療従事者の不注意が単独あるいは重複したことによって、医療上、望ましくない事態を引き起こし、患者の安全を損なう結果となりかねません。患者さまの安全を確保するためには、医療行為に関わる我々医療従事者の個々の努力が重要であることは言うまでもありませんが、高度の細分化、複雑化する環境の中では、医療従事者個々の努力に依存した事故防止のみでは、対応にも限界があります。 生じた『 誤り 』に対して、当事者の責任を問うのではなく、施設全体の問題として組織的に原因を究明し、再発防止対策を講じ、チームとして患者の安全を確保し、安全な医療を提供できるように取り組んでいかなければならないと考えます。当法人では、患者の安全を確保しつつ、安心かつ安全な医療が提供できるよう、法人全体がチームとしてあらゆる情報を共有し、医療事故を予防できるような環境をつくると共に、医療従事者個々の安全に対する意識改革を図り、組織として医療事故防止体制を構築していくことを、安全管理の基本指針とします。

 

2. 医療安全管理のための委員会および組織に関する基本的事項

【 組織および体制 】
当法人における医療安全対策と患者さんの安全の確保を推進するために、本指針に基づき当法人に以下の役職および組織等を設置します。
【 医療安全推進委員会の設置 】
当法人の安全管理に関する最高決議機関として「医療安全推進委員会」を設置し、医療事故や再発防止について検討し、組織としての対応を示します。
【 緊急安全委員会の設置 】
発生した医療事故に適切に対応するため、「緊急安全委員会」を設置し、速やかに事故の原因究明および事故防止対策といった具体的措置を検討します。
【 医療安全推進室の設置 】
安全管理に対する基本理念に則り、組織横断的に院内の安全管理を担うため、「医療安全推進室」を設置し、安全かつ適切な医療が提供できるシステムの確立を図ります。
【 医療安全統括責任者の配置 】
安全活動の推進および安全管理体制を確保するため、医療安全管理統括責任者とし、医療安全推進室部室長(専従リスクマネージャー)を配置します。
【 現場リスクマネージャーの設置 】
患者さん・ご家族が安心して最善の医療が受けられる環境を提供するため、各部署の所属長を「現場リスクマネージャー」として設置します。
【 医薬品安全管理責任者の設置 】
医薬品に関わる安全管理のための体制を確保するため、「医薬品安全管理責任者」を設置します。
【 医療機器安全管理責任者の設置 】
医療機器の保守点検や安全使用に関する体制を確保するため、「医療機器安全管理責任者」を設置します。

 

3. 医療安全管理のための職員研修に関する基本方針

【 医療安全管理のための職員研修 】
当法人全体の医療安全を向上させるため、医療に係わる安全管理のための基本的考え方及び事故防止の具体的な手法等について、全職員に対し、研修を計画します。
【 研修への参加 】
職員は、研修が実施される際には、できるだけ受講するよう努めていきます。

 

4. 報告等に基づく安全確保を目的とした改善方策に関する基本方針

【 報告の目的 】
医療行為の実行の有無や実害の有無に関係なく、院内各所で発生した事象を把握し、関係者の安全確保・原因究明・再発防止策の立案等に役立てるための情報を提供することです。医療安全に関する報告書は、対外的に非開示とします。

 

5. 医療事故発生時の対応に関する基本方針

医療事故発生時対応
【 医療事故発生時の最優先対応 】
医療側の過失によるか否かを問わず、如何なる医療事故においても患者さんの生命を最優先とした対応を行うとともに、患者さん・ご家族に正確に事実を説明します。
【 緊急安全委員会の開催 】
重大事故が発生した場合は、緊急事態に対する対応と以後の対応について討議し、事故原因の究明および対応策を検討するため、緊急安全委員会を開催します。病院長が必要があると判断した場合は、医療事故調査委員会を設置し、原因究明と再発防止のための調査・分析・改善策を検討します。

 

6. 情報の共有に関する基本方針を定める

7. 患者からの相談対応に関する基本方針を定める

8. 説明と同意に関する基本方針を定める

9. 新規医療技術導入時に関する基本方針を定める

10. その他医療安全推進に必要な基本方針

本指針の定期的な見直しを行います。

制定:2001.07.01

改訂:2018.08.01