診療科のご案内

消化器内科

医師紹介

氏名 職位 専門分野 出身大学 認定資格

座覇 修

消化器内科部長 消化器内科
胃・大腸内視鏡
糞線虫症の専門家
ダブルバルーン小腸内視鏡の専門家
カプセル内視鏡
一般内科
琉球大学

日本内科学会教育病院指導医
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会指導医/専門医
日本消化器内視鏡学会指導医/専門医
日本肝臓学会認定肝臓専門医

 

石原 淳

ちばなクリニック副院長
栄養部長(NST代表者)
臨床研修副委員長
消化器内科(胃・大腸内視鏡、超音波内視鏡、ERCP)
食道・胃・大腸の早期癌の内視鏡的切除術
一般内科
NST担当医
山梨医科大学(現・山梨大学医学部)

日本内科学会教育病院指導医
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会認定指導医/専門医
日本消化器病学会指導医/専門医
日本静脈経陽栄養学会認定医

知念 隆之

消化器内科部長 消化器内科
一般内科
消化器がん化学療法
琉球大学

日本内科学会認定総合内科専門医/認定内科医
日本消化器病学会指導医/専門医
日本消化器内視鏡学会指導医/専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本内科学会教育病院指導医

石原 健二

消化器内科医長 消化器内科、一般内科、肝臓・胆のう・膵臓の専門家
超音波内視鏡
EUS-FNA(内視鏡超音波を見ながら腫瘍を針で刺して診断)
福岡大学

日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

崎原 正基

消化器内科医長 消化器内科
一般内科
琉球大学

日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医

安座間 欣也

消化器内科
一般内科
琉球大学

日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医

石川 真

消化器内科
一般内科
琉球大学

日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医

no image

吉村 美優

消化器内科
一般内科
琉球大学

日本内科学会認定内科医

浜比嘉 一直

消化器内科
一般内科
琉球大学

日本内科学会認定内科医

佐久本 高達

消化器内科
一般内科
琉球大学

日本内科学会認定内科医

仲吉 博亮

大槻 真理子

外来医師担当表

診療科紹介

1.取り扱う疾患について

  • ● 消化性潰瘍:胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ感染症など
  • ● 消化器悪性腫瘍:食道癌、胃癌、大腸癌、十二指腸乳頭部癌、GIST、悪性リンパ腫、MALTリンパ腫消化管カルチノイド腫瘍など
  • ● 消化管良性腫瘍:胃過形成性ポリープ、大腸ポリープ、大腸腺腫症、粘膜下腫瘍など
  • ● 糞線虫症
  • ● 大腸憩室症(大腸憩室炎、大腸憩室出血)、過敏性腸症候群
  • ● 炎症性腸疾患:潰瘍性大腸炎、クローン病など
  • ● 胆石症:胆嚢結石、総胆管結石、胆嚢炎、肝膿瘍、肝のう胞
  • ● 胆道系腫瘍:胆嚢ポリープ・胆嚢癌、胆管癌など
  • ● 膵腫瘍:膵臓癌、NET、嚢胞性膵腫瘍、IPMN、急性膵炎、慢性膵炎など
  • ● ウイルス性肝炎:B型肝炎、C型肝炎
  • ● 自己免疫性肝疾患:自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、原発性硬化性胆管炎
  • ● 代謝性肝疾患:脂肪肝(NASH)
  • ● 肝癌:肝細胞癌、胆管細胞癌
  • ● その他:胃食道逆流症(GERD)、逆流性食道炎、虚血性大腸炎、食道・胃静脈瘤、ほか消化器疾患全般

※取り扱う疾患が多岐にわたっているのが消化器内科の特徴です。

2.主な検査について

  • ● 上部消化管内視鏡(FGS)
  • ● 下部消化管内視鏡(CF)
  • ● NBI拡大内視鏡
  • ● 超音波内視鏡(EUS:ラジアル、コンベックス、細径プローブ)
  • ● 内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)
  • ● 小腸及び大腸カプセル内視鏡/ダブルバルーン小腸内視鏡
  • ● 超音波内視鏡下穿刺吸引(EUS-FNA)
  • ● 経皮的肝生検

3.主な治療について

  • ● 消化管出血止血術(エタノール注入、クリップ止血術、APC焼灼、静脈瘤結紮術、硬化療法、B-RTO)
  • ● 消化管腫瘍の内視鏡的切除(EMR/ESD)
  • ● 消化管狭窄に対するバルーン拡張術
  • ● ステント留置術
  • ● 結腸閉塞に対するコロレクタールチューブ/メタリックステント留置
  • ● 内視鏡的乳頭切開術
  • ● 結石除去術ドレナージ
  • ● 胆道・膵管ステント留置
  • ● 内視鏡的胃瘻造設術(PEG)
  • ● 消化器がん化学療法一般
  • ● B型肝炎に対する抗ウイルス療法(インターフェロンと核酸アナログ製剤)
  • ● C型肝炎に対する抗ウイルス療法(経口直接作用型抗ウイルス薬)
  • ● クローン病に対する抗TNFα抗体(レミケード/ヒュミラ/ステラーラ療法)
  • ● 潰瘍性大腸炎に対する抗TNFα抗体(ヒュミラ/レミケード/シンポニー療法)
  • ● 潰瘍性大腸炎、クローン病に対するLCAP療法
  • ● 肝膿瘍ドレナージ
  • ● 経皮的胆管ドレナージ
  • ● 肝がんラジオ波焼灼療法・肝動脈塞栓術

4.指導医/専門医/認定医数

  • ● 日本内科学会:認定内科医 9名、総合内科専門医 2名
  • ● 日本消化器病学会:専門医 7名、指導医 3名、九州支部評議員 1名
  • ● 日本消化器内視鏡学会:専門医 7名、指導医 4名、九州支部評議員 1名
      ※日本消化器内視鏡学会認定・内視鏡技師免許取得者(看護師) 5名
  • ● 日本肝臓病学会 専門医 2名
  • ● 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 1名

5.施設認定

  • ● 日本消化器病学会専門医制度認定施設
  • ● 日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設
  • ● 日本肝臓学会関連施設

6.平成28年度の活動報告

【検査・治療件数の報告】

消化器内科の基本検査であるFGS(上部消化管内視鏡検査)、CF(下部消化管内視鏡検査)、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)の検査数は、FGSでは検査数の減少を認めましたが(グラフ①)、CF、ERCPの検査数は年々増加を認めています(グラフ②、③)。これらの要因は、消化器内科後期研修医または内視鏡検査の技術を取得したい若手の外科医の育成成果が十分に出た結果だと思われます。FGS/CF検査予約日数の短縮目標(FGS10日以内、CF14日以内)もほぼ達成できました。

平成22年度から導入されたNBI拡大加算の算定件数が昨年は上昇に転じましたが、今年は再び減少へ転じました(グラフ④)。精密検査のみならず、FGS/CFのルーチン検査でもNBI拡大観察が使用可能な最新の高画質内視鏡スコープが全ての光源に常備されており、内視鏡機器環境は非常に恵まれています。今後もNBI拡大観察を積極的に行い、より質の高い内視鏡診断を心がけて行きます。

FGS   CF
グラフ①   グラフ②
 
 
ERCP  

NBI

グラフ③   グラフ④

主に胆膵系の低侵襲検査である超音波内視鏡(EUS)は年間240件程度を維持してますが(グラフ⑤)超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)は減少傾向にあります(グラフ⑥)。画像診断が困難な小病変に対して主に施行されますが、特に膵腫瘍の早期診断や手術適応を決める上で重要な検査であり、今後も件数の増加は勿論、その診断精度の向上に努める必要があります。

EUS   EUS-FNA
グラフ⑤   グラフ⑥

PEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術)は、社会的胃瘻バッシングの後、昨年まで減少していましたが、平成28年度は70件とやや減少に転じました(グラフ⑦)。手技量が減額になるPEG年間50件未満の達成を目標に掲げ、個々の患者で適応を検討する必要があります。胃瘻チューブ交換件数は、PEGの減少に伴いかなり減ってきました(グラフ⑧)。

PEG   胃瘻チューブ交換件数
グラフ⑦   グラフ⑧

食道・胃・大腸など消化管早期がんの内視鏡治療である内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は、特に大腸で増加しました(グラフ⑨)。以前はEMRで切除が困難であった大きな病変がESDで切除できるようになったことが要因と思われます。平成25年2月からヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の除菌療法が保険適応となったことから今後も胃がんは、徐々に減少することが一般に予測されており、元々、他県より胃がんの少ない沖縄県に於いては、近い将来、ESDは、食道がんと大腸がんが主な適応になる可能性があります。そのことは、ESDが出来る内視鏡専門医育成の障害になるかもしれません。

ダブルバルーン内視鏡(DBE)は、小腸の検査であり、下血や原因不明の消化管出血 (OGIB)の精査等で施行されます。昨年度17件でしたが、平成28年度は23件とさらに増加しています(グラフ⑩)。検査機器も2台目の新機種に更新しており、画質・操作性も向上しました。そのメリットを患者様へ還元できるものと思われます。

ESD   DBE
グラフ⑨   グラフ⑩

小腸カプセル内視鏡の検査数が16件と上昇に転じました(グラフ⑪)。平成27年度に新規導入した大腸カプセル内視鏡検査も含めて、適応を再検討し検査機器を有効活用して行かねばなりません。

カプセル内視鏡検査

   
グラフ⑪    

【勉強会】

定期カンファレンス
消化器内科・放射線科カンファレンス・・・毎週月曜日 AM8:00~
内科外科放射線科カンファレンス・・第2・4木曜日 AM7:45~
消化器内科医薬品説明会(DI)・・・不定期・木曜日 夕方
膵癌カンファレンス・・・月1回 月曜日 PM5:30
アストラゼネカDVDセミナー・・・月1回 第4土曜日
 
院内開催の研究会(第2回 大腸内視鏡挿入法勉強会 二木会沖縄)
 日時:平成27年5月23日(土)
 場所:中頭病院内視鏡センター
 内容:➀大腸内視鏡ライヴデモ5例
      ②特別講演:ゼロから始めるTCS挿入勉強法 医)健康会 高橋医院 林 俊之
      ③ビデオカンファレンス
 司会:松島クリニック 鈴木康元
 共催:TCS挿入法勉強会二木会沖縄 エーザイ(株)
 参加者:医師30人(講師含む)、看護師22人

診療科コラム