診療科のご案内

循環器内科

医師紹介

氏名 職位 専門分野 出身大学 認定資格

屋宜 宣守

循環器内科電気生理部長 循環器内科
不整脈
一般内科
福岡大学

石盛 博

循環器内科部長 冠動脈インターベンション 藤田保健衛生大学

日本内科学会認定内科医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医

上地 襄

循環器内科(心カテ、PTCA)
一般内科
東京医科歯科大学

日本内科学会総合内科専門医/認定医
日本内科学会教育病院指導医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医

新垣 康

琉球大学

遠藤 奈奈

東京女子医科大学

外来医師担当表

診療科紹介

1.循環器内科について

循環器内科では、心筋梗塞・狭心症などの虚血性心疾患、不整脈、心筋症、心臓弁膜症、心不全、大動脈疾患、末梢血管疾患、先天性心疾患などを中心に診察しています。
心臓外科、血管外科と連携し、患者さんを中心としたより良い医療を提供します。

2.外来診療について

月曜日から土曜日まで週6日外来診療をちばなクリニックと中頭病院で行っています。

中頭病院 外来担当表

ちばなクリニック 外来担当表

心臓超音波検査、心臓CT検査、心臓MRI検査、運動負荷心電図検査、24時間心電図検査、心臓核医学検査(心筋シンチグラフィー)等の検査を外来で行うことができます。

3.循環器内科の特徴

1)心臓カテーテル治療

心筋梗塞・狭心症などの虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療を積極的に行っています。心臓カテーテル装置を2台有しており、全国で約1,100人に人数制限されている心臓カテーテル専門医(日本心血管インターベンション治療学会専門医)による高度なカテーテル治療を実施しています。治療は血管内超音波(IVUS)、光干渉断層撮影(OCT、OFDI)、冠血流予備量比(FFR)等の各種診断機器を駆使して行われ、標準的な治療であるバルーン拡張、ステント留置はもちろんのこと冠動脈の石灰化を切削するロータブレーターも行うこともできます。また各種診断機器により適切な診断を行い最も良い治療が外科治療であれば心臓外科、血管外科へ手術の依頼を行います。急性心筋梗塞や不安定狭心症などの緊急を要する疾患に関しては昼夜を問わずに心臓カテーテル検査、治療を行っています。

2)不整脈

頻脈性不整脈では薬物治療、根治が期待できるものに対してはカテーテルアブレーションによる治療を積極的に行っています。また突然死の危険の高い頻脈性不整脈(心室頻拍、心室細動)に対しては植え込み型除細動器(ICD)、薬剤抵抗性で、心室細動期により改善が期待できる心不全に対しては両心室ペースメーカー(CRT-D)の植え込みも行っております。徐脈性不整脈については、病態に即したペースメーカーの植え込み術を行っています。

3)心不全、心臓リハビリテーション

心不全はその原因を診断とその診断に適した治療の選択をしなければなりません。また薬物療法を行うにしても薬物が安全に投与され状態が監視できる場所が必要です。当院では重症心不全患者、急性心筋梗塞患者、心疾患手術後患者に対するモニタリングを行える場所としてICU(集中治療室)、HCU(高度治療室)が併設されています。また心不全の初期から心臓リハビリテーションの介入を行い廃用の予防、ADLの改善を図るとともに慢性期リハビリテーションの施行による心不全の予後改善を目指しています。

4.治療実績(平成27年12月 現在)

年度 平成23 平成24 平成25 平成26 平成27
診断カテーテル 733 767 752 620 574
冠動脈インターベンション 249 263 295 187 231
ロータブレーター 5 17 8 1 19
永久ペースメーカー 65 62 71 65 49
アブレーション 33 17 18 15 13
EPS 49 26 19 17 13

※平成27年度は4月~12月の期間

診療科コラム