診療科のご案内

呼吸器外科

医師紹介

氏名 職位 専門分野 出身大学 認定資格

大田 守雄

呼吸器外科部長 ①肺癌、縦隔腫瘍、自然気胸、多汗症などの胸腔鏡下手術。
②重症筋無力症に対する胸腔鏡下低侵襲手術。
③呼吸器疾患における3D画像による術前シミュレーションおよび外科教育への応用。
④胸腔鏡下手術の安全性の確立に関する研究。
福岡大学

日本外科学会指導医/専門医
日本胸部外科学会指導医
日本呼吸器外科学会指導医/専門医
日本がん治療認定機構暫定教育医
日本医師会認定産業医
IASLC(世界肺癌会議)正会員
日本内視鏡外科学会評議員
日本呼吸器外科学会評議員

嘉数 修

呼吸器外科医長 呼吸器外科
一般外科
琉球大学

日本外科学会専門医

外来医師担当表

診療科紹介

中頭病院呼吸器外科は2008年4月に開設されました。現在は指導医1人ですが、外科の一員として合同でチームを組み手術を行っています。近い将来、3人から4人の呼吸器外科チームができれば、さらに手術件数も増加すると思われます。

呼吸器外科が対応可能な疾患は肺癌、気胸、巨大肺嚢胞、肺良性疾患、(過誤腫、結核腫、肺分画症、肺動静脈瘻など)、転移性肺腫瘍、良性縦隔腫瘍(胸腺腫、成熟奇形腫、神経鞘腫など)、転移性肺腫瘍、急性・慢性膿胸、手掌多汗症、胸壁腫瘍、重症筋無力症など多岐にわたり、ほとんどすべての呼吸器外科疾患に対応しています。

2009年度は肺癌に対する開胸下右上葉スリーブ切除術(気管支形成術)、重症筋無力症に対する胸腔鏡下拡大胸腺摘出術などの難易度の高い手術にも成功しています。さらに、ERとの連携により交通外傷、転落外傷などの胸部外科緊急手術も行っています。

2009年4月から2010年3月までの1年間の呼吸器外科手術症例は131例で、その内訳は肺癌47例、気胸31例、多汗症21例、縦隔腫瘍・嚢腫7例、転移性肺腫瘍6例、外傷性血胸6例、肺動静脈瘻2例、肺過誤腫2例、その他となっています。肺癌、気胸が増加しています。多汗症は手術適応を厳しくしたため若干減少しています。今後も、肺癌、気胸、多汗症が手術の大半を占めることが予想されます。

開胸手術や胸部外傷手術の増加により、平均在院日数は2008年度の6.9日から9.9日と延長しています。

診療科コラム